防水工事の株式会社トラストテクニカル
東京・神奈川・埼玉・千葉の建物資産をお守りする職人専門集団
0120-114-921
ソーラーパネル・雨漏れ調査診断・防水工事・塗装工事緊急連絡! ソーラパネルの設置を検討している方へ
ソーラーパネル設置と雨漏りの切っても切れない関係

ソーラーパネル設置後の雨漏りトラブル(苦情)増加中!
ソーラーパネルパネル設置の前に、
防水工事を専門とするトラストテクニカルに
お気軽にご相談ください。

░ ソーラーパネル設置と雨漏りの切っても切れない関係

太陽光発電の装置は主に屋上(屋根)に取り付けます。
屋上には必ず防水層(屋根)がありますので、パネルを設置する際、 雨や風などで落ちないようソーラーパネルを防水層(屋根)のある屋上に直接固定させます。
固定する際は、屋上(屋根)に直接ドリルで穴をあけ、専用金具をネジで固定する方法が一般的です。しかし、その穴もしくはその近辺に防水処理をしていないと、隙間から雨漏りしてしまいます。
最近は防水層(屋根)に穴を空けずに設置できるタイプのパネルも出てきていますが、太陽光発電の設置するパネルは、1枚約10kgと重さがあるため、 屋上に上がって、設置作業するだけで、防水層(屋根)そのものにダメージを与え、強度や防水性は格段に落ちてしまいます。 
また、とても重いソーラーパネルは、一度設置すると、簡単に取り外すことはできません。 年月が経ち、劣化した防水層(屋根)の状態のままソーラーパネルを設置すれば、すぐに「雨漏り」というトラブルが発生するのは当然のことなのです。
太陽光発電の導入を決める前に、必ず防水工事の専門業者にも相談して下さい。 
木造でも、鉄筋コンクリート製の屋上であっても必要です。

ソーラーパネル設置会社に全部任せるのは危険です!

あまり知られていないことですが、ソーラーパネル設置会社は防水工事に関しては素人です。
少し考えてみれば、太陽光発電の設置会社が防水工事をできないのは、当たり前の話だとすぐきずくはずです。 防水業者に相談せず、ソーラーパネル設置業者が見様見真似で施工(防水工事ではありません)し、雨漏りトラブルが発生しています。
防水工事は本来、とても技術力が必要です。 しかし、「塗る」という作業から塗装と勘違いされることが多く、「それならなんとかなるのではないか」と工事をした結果、防水層(屋根)に穴を貫通させてしまうのです。 防水層(屋根)に穴が空くのですから、当然、そこから雨漏りします。
さらに悪いことに、通常、貫通させた時点で既存の防水層(屋根)の保証は無効になります。 また、防水の知識が乏しい業者ですと、貫通させた部分のみ防水処理を施すことが多いようです。 これでは最近のゲリラ豪雨などで想定を越えた雨の場合、防水性能が十分に発揮できない可能性があります。

ソーラーパネル設置後に後悔しないために、どうするか?

ソーラーパネル設置の際は必ず防水専門業者に相談し、しっかりと話を聞いてみることをお勧めします。
ソーラーパネル設置前、既にパネルを設置して不安に思われた方、
防水工事を専門とする 【トラストテクニカル】にご相談ください。
ソーラーパネルは、正しく設置することで安心して使うことができます。 自然にも経済的にもエコのつもりで設置したら、経済的には最悪だった、ということにもならないようにしたいものです。
トップページへ


ページの
トップへ