防水工事の株式会社トラストテクニカル
東京・神奈川・埼玉・千葉の建物資産をお守りする職人専門集団
0120-114-921
雨漏れ・防水・ベランダ防水・屋上防水・外壁補修・シーリング・特殊作業・ロープブランコかゆいところに手が届く、ロープブランコ特殊作業で解決!
ロープブランコ特殊作業とは

普通の状態で工事ができない、隣との境界が狭くて足場が立たない、工事会社に断られて困っている
オーナーさん、「住まいの防水職人 専門集団」
トラストテクニカルにお任せください。
お気軽にお電話ください、川島が対応します。

░ ロープブランコ特殊作業とは

ビルのガラス清掃や壁面清掃の際に使われている方法で、屋上からロープでぶら下がり空中で清掃作業を行う専門技術で、ビルメンテナンス業界では安価な高所作業の手段として一般的に用いられてきました。
このロープブランコ作業により、足場を架けないと出来なかった作業が可能となり、外壁補修・漏水改修・特殊洗浄などの幅広いニーズに対応できるようになりました。

※ トラストテクニカルはコストを抑えた提案をいたします。

ロープブランコの特徴を生かした防水職人のチョットした工事

◆ 足場の費用が要らずコスト削減
大規模修繕工事なら架設足場を組んで行うのが当たり前ですが・・・・・
小規模修繕工事などでの見積りで外壁の工事金額より足場架設工事の金額の方が高い、ということも珍しくなく足場の費用は全体の工事金額の多くを占めてしまいます。
ロープブランコ施工ではこの部分のコストが大幅に削減でき、見積書を比較してその金額の差に驚かれるでしょう。

◆ 工期の制限なく柔軟な工事計画
足場架設工事を行った場合、場所によっては道路使用、占用許可などの申請を必要としたり、
足場解体までの工事スケジュールが決ってしまい、工期の延長や追加工事の対応にも制限があります。
ロープブランコ工法では、雨の日以外は作業が可能ですので、工期が延びてしまった場合でも、後から追加工事のご要望があった場合でも柔軟に対応することができます。

◆ 小規模工事に柔軟に対応
雨漏り・漏水箇所の目処はついていて、ちょっとした工事なのに足場の費用に数十万出すのはもったいない。
先日の雨で部屋に雨漏りをして、早急に応急処置だけでもお願いしたい。
予算が限られていて、外壁の一部だけ補修したい。
外壁が落ちそうだけど足場を組めないほど狭い場所(50cmのすき間があれば施工可能)
大規模修繕改修工事後の外壁のタイルの色違いで困っている。
・・・・・など、柔軟な対応が可能です。
  • ロープブランコ特殊作業
  • 特殊作業でコスト削減
  • 特殊作業で工期の制限

※ ロープブランコでの施工は、足元が踏ん張れないのであくまでも簡易的な施工手段です。
  大規模修繕工事までのつなぎの工事用および緊急用としてご利用ください。

トップページへ


ページの
トップへ