塗装工事の株式会社 トラストテクニカル
東京・神奈川・埼玉・千葉の建物資産をお守りする職人専門集団
0120-114-921
雨漏れ・塗装・住まいの塗り替え・外壁塗り替え・屋根塗り替え自然環境から建物資産を守る住いの塗り替え(屋根塗装・屋根リフォーム)
「住まいの塗り替え」屋根の塗装・屋根のリフォーム

お住まいの屋根の塗り替え、雨漏りのことなら
「住まいの塗り替え職人 専門集団」
トラストテクニカルにお任せください。
お気軽にお電話ください、川島が対応します。

░ 「住まいの塗り替え」屋根の塗装・屋根のリフォーム

屋根はふだん目に入りにくく、劣化が進んでも見落とすことが多い場所です。 しかし紫外線や熱・風雨を直接受ける過酷な環境条件のため、家中でもっとも傷みやすい部類に入る場所です。 外壁同様、屋根が古くなり傷み出すと水が家の中に入り込み、家の骨組みをカビや腐れで駄目にしかねません。 落ち葉やゴミがたまっても水はけが悪くなり、雨漏りの原因になることもあります。 屋根を早めにリフォームすれば、家を長持ちさせることにつながります。

【一般木造住宅・木造アパート】
屋根材には大きく分けて「粘土系・セメント系・スレート系・金属系」の4種類があります。
屋根塗装を含め、屋根のリフォームには、
 「塗り替え(塗装)」
 「重ねぶき(カバー工法)」
 「ふき替え」
の3種類があり、
環境条件や屋根の素材、使われている塗装材の耐久性でタイミングは変わってきますが、
 7~10年で「塗り替え」を行い、
 15~20年で「ふき替え」
というのが、大まかな屋根のリフォームの目安になります。
屋根の状況や劣化具合、以前のリフォームからの年月を考慮して、最適な工法を選びましょう。

屋根の塗り替え(塗装)

「塗り替え(塗装)」は最も手軽なリフォームで、屋根材に塗料を塗布する作業です。
屋根の基礎部分である下地が、それほど傷んでいない場合に非常に有効な方法です。
塗り替えを行う屋根材は、「セメント瓦・スレート系・金属系」で、日本瓦の場合は塗り替えの必要はありません。
屋根用塗装には、おおまかには
 ◇ アクリル樹脂塗料	耐用年数:5~8年
 ◇ ウレタン樹脂塗料	耐用年数:8~10年
 ◇ シリコン樹脂塗料	耐用年数:8~15年
 ◇ フッソ樹脂塗料	耐用年数:15~20年
があり、一般的には「ウレタン樹脂塗料」・「シリコン樹脂塗料」がよく使われています。
それぞれの特長を簡単に以下にまとめました。
材料系 耐用年数 価 格 特 長
アクリル系 5~8年 安 価 純粋なアクリル塗料と、シリコンを添加したシリコンアクリル塗料があり、後者が主流。塗料代は経済的だが、耐用年数が短い。
ウレタン系 8~10年 標準的 さまざまな屋根材に塗装できる。密着性と耐候性・防水性に優れ、実例も豊富
シリコン系 8~15年 標準的 光沢性・安定性に優れ、耐久性もよい。 近年の塗装事例では多くを占める。
フッ素系 15~20年 高 価 高価なため一般住宅での利用例は少ない。 防汚性・耐久性とも最高を誇る。

※ お客様の住まいが現在どの様な状態「塗り替え時期を示すサインがあるか?」
  トラストテクニカルの専門職人が、その目安・見方を分かりやすくご説明いたします。
  対応エリアでの一般住宅の調査・診断に関して、お気軽にご相談下さい。

  ☞ 対応エリアの確認はクリックして下さい。

重ねぶき(カバー工法)

「重ねぶき(カバー工法)」は、既存の屋根を撤去することなく新しい屋根材をかぶせる工法で、下地がそれほど傷んでいないけれど屋根材の傷みが激しい場合に有効です。
「ふき替」えと比べると工期も短く、廃材も出ないので費用を抑えることができます。
屋根が2重になるので、遮音性や断熱性もアップし、外観も一変しますが、屋根全体の重量は増加するため、「重ねぶき」に適した軽量の屋根材を選ぶことや、施工の前に建物の強度や耐震性を確認する必要があります。

※ トラストテクニカルでは扱っておりませんので、信頼できる専門業者をご紹介いたします。

屋根のふき替え

「ふき替え」とは、屋根材や下地などを全面的に一新するリフォームのことを言います。
既存の屋根をすべて撤去して、防水加工もし直して新しいものに取り替えるので、どのような屋根材でも対応でき、換気扇や天窓を追加することも可能です。 建物の耐久性も大幅に向上しますが、日数がかかるリフォームになります。
「ふき替え」でポイントになるのは、どのような屋根材を設置するかです。屋根材の「粘土系」・「セメント系」・「スレート系」・「金属系」という4種類では性能はもちろん外観も大きく異なるので、それぞれの特長を確認する必要があります。

※ トラストテクニカルでは扱っておりませんので、信頼できる専門業者をご紹介いたします。

トップページへ


ページの
トップへ