塗装工事の株式会社 トラストテクニカル
東京・神奈川・埼玉・千葉の建物資産をお守りする職人専門集団
0120-114-921
雨漏れ・塗装・住まいの塗り替え・外壁塗り替え・屋根塗り替え自然環境から建物資産を守る住いの塗り替え(塗装修繕工事のタイミング)
「住まいの塗り替え」塗装修繕工事のタイミング

お住まいの外壁の塗り替え、屋根の塗り替えのことなら「住まいの塗り替え職人 専門集団」
トラストテクニカルにお任せください。
お気軽にお電話ください、川島が対応します。

░ 「住まいの塗り替え」塗装修繕工事のタイミング

何の手入れもせずに、傷みやひび割れを放置しておくと、ひび割れが悪化したり、
表面をこすった時に白い粉が出たり(チョーキング)、さらには水が浸み込んで内部が腐食
・・・・・なんてことにもなりかねません。
住宅をはじめとする建物の多くは
① 定期的なメンテナンス
② 計画的な修繕工事
を行うことで老朽化に対応し、あなたの財産である建物の寿命を大きく伸ばすことができます。

【一般木造住宅・木造アパート】
環境や外壁に使われている塗装材の耐久性によりタイミングは変わってきますが、
◇ モルタル壁の場合
10年前後で塗装材を塗り替えるのが一般的です。
下地のモルタルに問題がなければ、塗装を10年前後ごとに繰り返すことで長期間性能を保ち続けます。
◇ サイディング壁の場合
塗装材の種類にもよりますが、塗り替えのタイミングは10年前後、
サイディング自体の交換は25~30年が目安になります。
◇ 屋根は環境条件や素材、使われている塗装材の耐久性でタイミングは変わってきますが、
7~10年で「塗り替え」を行い、
15~20年で「ふき替え」というのが、大まかな屋根のリフォームの目安になります。

自分でできる建物の劣化チェック

◆ ひび割れが発生していませんか?
外壁面によく見られ、下地の状態、材料の膨張、伸縮により発生します。
【クラック、ヘアークラック】とも言います。
ひび割れは水が浸入することで更に割れが進み、最終的には壁が壊れます。
  • ひび割れ
  • ひび割れ
  • ひび割れ
  • ひび割れ
◆ 手で壁を触ると手に粉みたいなものがつきませんか?
日のよく当たる場所に起きる現象で、耐久性の塗装被膜の劣化で発生する現象です。
粉が付くことから【チョーキング】現象とも言われています。
  • チョーキング
  • チョーキング
  • チョーキング
  • チョーキング
◆ カビ、コケ、よくわからない汚れがありませんか?
この症状もチョーキング現象と同様に、防水性がなくなることにより、汚れが壁や屋根に溜りやすくなった結果、カビ・コケが発生します。
建物の美観が損なわれ、資産価値を大きく低下させてしまいます。
  • カビ、コケ、よくわからない汚れ
  • カビ、コケ、よくわからない汚れ
  • カビ、コケ、よくわからない汚れ
  • カビ、コケ、よくわからない汚れ
◆ 塗装が膨れていませんか?
塗装被膜の劣化、密着などが低下した場合にこの現象が発生し、ふくれた部分にも水が溜まります。
放置していくと膨れが広がり、塗装の剥落と建物自体にも悪影響をあたえます。
  • 塗装の膨れ
  • 塗装の膨れ
  • 塗装の膨れ
  • 塗装の膨れ
◆ シーリングのひび割れと隙間がありませんか?
シーリングは建物の構造上大事な働きをしております。しかし材質上、時間の経過とともに少しずつ劣化に伴うひび割れや【チョーキング】は避けられません。
また、塗装被膜の防水性、耐候性を失った後に起きる現象とも言われております。
シーリング部分からの雨水の侵入は、大事な建物の寿命に大きく影響します。
  • シーリングのひび割れ
  • シーリングのひび割れ
  • シーリングのひび割れ
  • シーリングのひび割れ
現象が少し程度おこっていてもあまり気にしなくて良いのですが、
築10年以上で一部の壁面や屋根面に広範囲に広がっていたら要注意です。
至急、専門業者に相談することをお勧めします。

※ トラストテクニカルは塗装工事と防水工事を専門とする職人専門集団カンパニーです。

░ カラーシュミレーションで住いの塗り替え仕上がり後をイメージ

建物の塗装とは、
建物を守るという機能の他に、外観を美しく魅せるデザイン的な役割もあり、
美観を保つだけではなく、資産価値を高める二次効果も併せ持ちます。

外壁塗装、屋根塗装も色選びにもポイントがあります。
① 周辺の家・環境になじませる。
② 外壁と屋根との色調を整える。
③ 屋根は外壁よりも直射日光を受けやすく、鮮やか過ぎる色は色あせも早いので避ける。
④ 同じ色でも大きい面積になると明るい色はより明るく、
  暗い色はより暗く感じられる(面積効果)に気を付ける。
  • カラーシュミレーション
  • カラーシュミレーション
  • カラーシュミレーション
  • カラーシュミレーション

※ 一度トラストテクニカルでカラーシュミレーションを試してみてください。

トップページへ


ページの
トップへ